個人情報保護方針

私たちは、あなたが私たちの企業に興味を示したことを非常に嬉しく思っています。データ保護は、ASTROCOHORSの管理にとって特に重要です。 ASTROCOHORSのインターネットページの使用は、個人データの表示なしに可能です。しかし、データ主体がウェブサイトを通じて特別なエンタープライズサービスを利用したい場合、個人データの処理が必要になる可能性があります。個人データの処理が必要であり、そのような処理の法的根拠がない場合は、通常、データの主体から同意を得ます。
データ主体の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、一般データ保護規則(GDPR)に沿って行われ、国固有のデータ保護ASTROCOHORSに適用される規制。このデータ保護宣言により、私たちの企業は、私たちが収集、使用、処理する個人データの性質、範囲、目的を一般に知らせることを望みます。さらに、データ主体には、このデータ保護宣言によって、権利が与えられている権利が通知されます。
コントローラとして、ASTROCOHORSは、このウェブサイトを通じて処理される個人データの最も完全な保護を保証するための数多くの技術的および組織的措置を実施しました。ただし、インターネットベースのデータ送信では基本的にセキュリティ上のギャップがあるため、絶対的な保護が保証されない場合があります。このため、すべてのデータ主体は、個人データを代替手段(例:電話で。
1.定義
ASTROCOHORSのデータ保護宣言は、一般的なデータ保護規制(GDPR)の採用について欧州議員が使用する用語に基づいています。当社のデータ保護宣言は、一般の人々、そして顧客およびビジネスパートナーにとって読みやすく理解可能でなければならない。これを確実にするために、最初に使用される用語を説明したいと思います。
このデータ保護宣言では、とりわけ、以下の用語を使用します。
•a)個人データ
個人データとは、特定または識別可能な自然人に関する情報(以下「データ主題」という)を意味します。識別可能な自然人は、特に、名前、識別番号、位置データ、オンライン識別子のような識別子、または身体的、生理学的、または身体的特徴に特有の1つまたは複数の要因を参照することによって、直接的または間接的に、遺伝的、精神的、経済的、文化的、社会的アイデンティティーを含む。
•b)データ対象
データ主体は、識別されたまたは識別可能な自然人であり、その個人データは、処理を担当するコントローラによって処理されます。
•c)処理
処理とは、収集、記録、編成、構造化、保管、適応または変更、検索、相談、使用などの自動化された手段を問わず、個人データまたは個人データのセットに対して実行される操作または一連の操作です。頒布または他の方法で入手、整列または組み合わせ、制限、消去または破棄によって開示することができます。
•d)処理の制限
処理の制限は、将来の処理を制限する目的で、保存された個人データのマーキングです。
•e)プロファイリング
プロファイリングとは、自然人に関する特定の個人的側面を評価するために、特に仕事、経済状況、健康、個人的嗜好における自然人の業績に関する側面を分析または予測するための個人データの使用からなる個人データの自動処理利害、信頼性、行動、場所、または動き。
f)仮名法
擬似匿名化は、追加情報を使用せずに個人データを特定のデータ対象に帰属させることができないような方法で個人データを処理することです。ただし、そのような追加情報は別途保管され、個人データは、識別された、または識別可能な自然人に起因していないこと。
g)処理を担当するコントローラまたはコントローラ
処理を担当するコントローラーまたはコントローラーは、個人データの処理の目的と手段を単独でまたは他者と共同して決定する自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体である。そのような処理の目的および手段が連合または加盟国の法律によって決定される場合、その指名のためのコントローラまたは特定の基準は、連合または加盟国の法律によって提供されることがあります。
•h)プロセッサ
プロセッサーは、コントローラーに代わって個人データを処理する自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体です。
•i)受信者
受領者は、第三者であろうとなかろうと、個人情報が開示されている自然人または法人、公的機関、代理店またはその他の団体です。ただし、連合または加盟国の法律に従って特定の調査の枠組みの中で個人情報を受け取る公的機関は、受領者とはみなされません。それらの公的機関によるこれらのデータの処理は、処理の目的に応じて適用されるデータ保護規則に従うものとする。
•j)第三者
第三者は、データ主体、コントローラー、プロセッサー、およびコントローラーまたはプロセッサーの直接権限のもとで、個人データを処理する権限を持つ人物以外の自然人または法人、公的機関、代理店または団体です。
•k)同意
データ主体の同意は、声明または明白な肯定的な行為によって、データ主体の希望が自由に与えられ、具体的であり、情報を提供され、明白であることを示すものであり、
2.コントローラの名前とアドレス
General Data Protection Regulation(GDPR)の目的のためのコントローラ、欧州連合加盟国に適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護に関連するその他の条項は次のとおりです。

ASTROCOHORS
Thorsten Reimnitz
Dietersweiler Str. 21
72230 Dornstetten
Deutschland
Phone: +497443 3069.408
Email: info@astrocohors.com
Website: www.astrocohors.com

3.クッキー
ASTROCOHORSのインターネットページはクッキーを使用します。クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに格納されるテキストファイルである。
多くのインターネットサイトとサーバーはCookieを使用しています。多くのクッキーには、いわゆるクッキーIDが含まれています。 Cookie IDは、Cookieの一意の識別子です。これは、クッキーが格納された特定のインターネットブラウザにインターネットページとサーバーを割り当てることができる文字列で構成されています。これにより、訪問されたインターネットサイトおよびサーバーは、他のクッキーを含む他のインターネットブラウザからdatのサブジェクトの個々のブラウザを区別することができます。ユニークなクッキーIDを使用して特定のインターネットブラウザを認識し識別することができます。
ASTROCOHORSは、クッキーを使用することにより、このウェブサイトのユーザーに、クッキー設定なしでは不可能な、よりユーザーフレンドリーなサービスを提供することができます。
クッキーを使用することにより、当社のウェブサイト上の情報およびオファーは、ユーザーを念頭に置いて最適化することができます。 Cookieを使用すると、前述のとおり、当社のウェブサイトユーザーを認識することができます。この認定の目的は、ユーザーが当社のウェブサイトをより簡単に利用できるようにすることです。クッキーを使用するウェブサイトユーザー(例:ウェブサイトにアクセスするたびにアクセスデータを入力する必要はない。なぜなら、これはウェブサイトによって引き継がれ、その結果、ユーザのコンピュータシステムにそのクッキーが格納されるからである。別の例は、オンラインショップのショッピングカートのクッキーです。オンラインストアは、顧客がクッキーを介して仮想ショッピングカートに置いた記事を記憶する。
データ主体は、使用されているインターネットブラウザの対応する設定によって、いつでも弊社のウェブサイトを通じてクッキーの設定を妨げる可能性があり、したがって恒久的にクッキーの設定を拒否することがあります。さらに、既に設定されているクッキーは、インターネットブラウザーや他のソフトウェアプログラムを使用していつでも削除することができます。これはすべての一般的なインターネットブラウザで可能です。データ対象が使用されているインターネットブラウザのクッキーの設定を無効にする場合、当社のウェブサイトのすべての機能が完全に使用可能であるとは限りません。
4.一般的なデータと情報の収集
ASTROCOHORSのウェブサイトは、データ主題または自動化されたシステムがウェブサイトを呼び出す際に、一連の一般的なデータおよび情報を収集する。この一般的なデータと情報は、サーバーログファイルに格納されます。収集されるのは、(1)使用されているブラウザのタイプとバージョン、(2)アクセスシステムで使用されているオペレーティングシステム、(3)アクセスシステムがウェブサイトにアクセスするウェブサイト(いわゆるリファラー)、(4) (5)インターネットサイトへのアクセスの日時、(6)インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7)アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダ、および(8)他の同様のデータ、当社の情報技術システムに対する攻撃の際に使用される可能性のある情報。
これらの一般的なデータおよび情報を使用する場合、ASTROCOHORSはデータの主題についていかなる結論も出さない。むしろ、この情報は、(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正確に配信すること、(2)当社のウェブサイトのコンテンツとその広告を最適化すること、(3)当社の情報技術システムおよびウェブサイト技術の長期的な有効性を保証すること(4)サイバー攻撃の場合の刑事訴追に必要な情報を法執行当局に提供すること。したがって、ASTROCOHORSは、匿名で収集されたデータと情報を統計的に分析し、企業のデータ保護とデータセキュリティを強化し、処理する個人データの最適な保護レベルを保証します。サーバーログファイルの匿名データは、データサブジェクトによって提供されるすべての個人データとは別に保存されます。
5.ニュースレターの購読
ASTROCOHORSのウェブサイトでは、ユーザーは当社のニュースレターを購読する機会が与えられます。この目的で使用される入力マスクは、送信される個人データと、ニュースレターがコントローラから発注されたときに決定されます。
ASTROCOHORSは、エンタープライズオファーに関するニュースレターを使用して、顧客およびビジネスパートナーに定期的に通知します。企業のニュースレターは、(1)データサブジェクトに有効な電子メールアドレスがあり、(2)データサブジェクトがニュースレター出荷のために登録されている場合にのみ、データサブジェクトによって受信されることがあります。合法的な理由により、ダブルオプトインの手順で、ニュースレターの発送のために初めてデータ件名によって登録されたEメールアドレスに確認Eメールが送信されます。この確認用の電子メールは、データサブジェクトの電子メールアドレスの所有者がニュースレターの受信を許可されているかどうかを証明するために使用されます。
また、ニュースレターの登録時には、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によって割り当てられ、登録時のデータ件名によって使用されるコンピューターシステムのIPアドレス、および登録日時も保管されます。このデータの収集は、後でデータサブジェクトの電子メールアドレスの(可能な)誤用を理解するために必要であり、コントローラの法的保護の目的に役立ちます。
ニュースレターの登録の一環として収集された個人情報は、ニュースレターの送信にのみ使用されます。さらに、ニュースレターの購読者には、ニュースレターサービスの操作または問題の登録に必要である限り、電子メールで通知することができます。これは、ニュースレターのオファーが変更された場合、技術的状況が変化した場合には、ニュースレターサービスによって収集された個人データは、第三者に転送されることはありません。当社のニュースレターの購読は、い​​つでもデータの件名によって終了することがあります。データ対象がニュースレターの発送のために与えた個人データの保管に関する同意は、いつでも取り消すことができます。同意を取り消す目的で、各ニュースレターに対応するリンクがあります。また、いつでもコントローラのウェブサイトでニュースレターの登録を解除したり、これをコントローラに別の方法で伝えることができます。
6.ニュースレタートラッキング
ASTROCOHORSのニュースレターには、いわゆるトラッキングピクセルが含まれています。トラッキングピクセルは、そのような電子メールに埋め込まれたミニチュアグラフィックであり、ログファイルの記録および分析を可能にするためにHTML形式で送られる。これにより、オンラインマーケティングキャンペーンの成功または失敗の統計分析が可能になります。 ASTROCOHORSは、埋め込まれたトラッキングピクセルに基づいて、データ件名によって電子メールが開かれたかどうか、また電子メール内のどのリンクがデータ主体によって呼び出されたかを見ることができます。
ニュースレターに含まれる追跡ピクセルに収集されたそのような個人データは、ニュースレターの出荷を最適化し、将来のニュースレターの内容をデータ対象の利益に一層良く適合させるために、コントローラによって記憶され、分析される。これらの個人データは、第三者に渡されることはありません。データ被験者は、いつでもダブルオプトイン手続きにより発行されたそれぞれの別個の宣言宣言を取り消す権利があります。取り消し後、これらの個人データはコントローラによって削除されます。 ASTROCOHORSは、ニュースレターの受領からの取り消しを自動的に取り消しとみなします。
7.コメントはウェブサイト上のブログで機能する
ASTROCOHORSは、個々のブログへのコメントをコントローラのウェブサイトにあるブログに残すことができます。ブログは、ウェブベースの公開アクセス可能なポータルであり、そこから1人または複数のブロガーまたはウェブブロガーが記事を投稿したり、いわゆるブログポストに投稿したりすることができる。ブログポストは、通常、第三者によってコメントされることがあります。
データ主体がこのウェブサイトに掲載されたブログにコメントを残す場合、データ主題によって作られたコメントも保存され、公開されます。また、解説の日付とデータ主題によって選択されたユーザー(仮名) さらに、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によってデータサブジェクトに割り当てられたIPアドレスも記録されます。このIPアドレスの保管は、セキュリティ上の理由から行われ、データの対象が第三者の権利を侵害したり、特定のコメントを通じて不法なコンテンツを投稿する場合に発生します。したがって、これらの個人データの保管は、データ・コントローラーの利益のために行われ、侵害の際に彼が賞賛することができます。この収集された個人データは、そのような転送が法律で要求されていないか、データコントローラの防衛の目的に役立たない限り、第三者に渡されることはありません。
8.ブログのコメントを購読する
ASTROCOHORSのブログで行われたコメントは、第三者によって購読されることがあります。特に、コメント投稿者が特定のブログ投稿に対する彼のコメントに続いてコメントを購読する可能性があります。
データサブジェクトがオプションに加入することを決定した場合、コントローラは、指定された電子メールアドレスの所有者がこのオプションを優先して決定したかどうかについて、二重オプトイン手順をチェックする自動確認メールを送信します。コメントを購読するオプションは、いつでも終了することができます。
9.個人データの定期的な消去とブロック
データ管理者は、保管目的を達成するために必要な期間、またはコントローラが対象となる法律または規則において欧州連邦議会議員またはその他の立法者によって認められている限り、データ主体の個人データを処理および保管しなければならないに。
保管目的が適用されない場合、または欧州連邦議会議員またはその他の管轄立法者が定めた保管期間が満了した場合、個人情報は法的要件に従って定期的に拒否または消去されます。
10.データ主体の権利
•a)確認の権利
各データ主体は、欧州連合の議員から、彼または彼女に関する個人データが処理されているかどうかの確認をコントローラから取得する権利を有するものとする。データ主体がこの確認の権利を利用したい場合、データ保護担当者またはコントローラの他の従業員にいつでも連絡することができます。
•b)アクセス権
各データ主体は、いつでも記憶されている彼または彼女の個人データに関する情報およびこの情報のコピーをコントローラから得るために、欧州議会議員によって付与される権利を有するものとする。さらに、欧州の指令および規制により、データ主体は以下の情報にアクセスすることができます。•処理の目的。•個人データのカテゴリ。•個人データが公開された、または公開される受領者の受領者またはカテゴリ、特に第三国または国際機関の受領者可能であれば、個人データが保存される予定期間、または可能でない場合は、その期間を決定するために使用される基準。・コントローラからの要求、個人データの整理または消去、またはデータ対象に関する個人データの処理の制限、またはそのような処理の妨げになる権利の存在。•監督当局に訴えを提出する権利の存在。•個人データがデータ主体から収集されていない場合、そのソースに関する利用可能な情報。•GDPR第22条(1)および(4)に記載されているプロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、および少なくともそのような場合には、関与する論理に関する意味のある情報、ならびに意義および予想される結果そのようなデータ主体の処理を行う。
さらに、データ主体は、個人データが第三国または国際機関に移転されるかどうかについての情報を入手する権利を有するものとする。この場合、データ主体は、移転に関連する適切な保護措置について通知を受ける権利を有するものとする。
データ主体がこのアクセス権を利用したい場合、データ保護担当者またはコントローラの他の従業員にいつでも連絡することができます。
•c)修正の権利
各データの被験者は、欧州議会議員から、彼または彼女に関する不正確な個人データの修正を過度に遅らせることなく、コントローラから取得する権利を有するものとする。処理の目的を考慮して、データ主体は、補足的声明を提供することを含め、不完全な個人データを完成させる権利を有するものとする。
データ主体がこの修正権を行使したい場合、データ保護担当者またはコントローラの他の従業員にいつでも連絡することができます。
•d)消去権(忘れられる権利)
各データ主体は、欧州議会が、過度の遅滞なく、個人データの消去をコントローラから取得する権利を有するものとし、コントローラは、以下の根拠の1つを満たす場合、過度の遅滞なく個人データを消去する義務を負うものとする処理が必要でない限り適用されます。•個人データは、収集または処理された目的に関してはもはや必要ではありません。•データ対象者は、GDPR第6条(1)のポイント(a)またはGDPR第9条(2)のポイント(a)に基づいて、処理が合意された合意を取り消し、処理のための地面。•データ対象は、GDPR第21条(1)に従って処理対象になり、GDPR第21条(2)に従って処理対象データオブジェクトまたは処理の対象となる正当な理由はない。•個人データは不法に処理されています。•個人データは、コントローラが対象とする連合または加盟国の法律の法的義務を遵守するために消去する必要があります。•GDPR第8条(1)で言及されている情報社会サービスの提供に関して、個人情報が収集されている。
前述の理由のいずれかが適用され、データ主体がASTROCOHORSによって保管された個人データの消去を要求したい場合は、データ保護担当者またはコントローラの他の従業員にいつでも連絡することができます。 ASTROCOHORSのデータ保護担当者または他の従業員は、消去要求が即時に遵守されることを速やかに保証するものとします。
コントローラが個人データを公開し、第17条(1)に従って個人データを消去する義務がある場合、コントローラは、利用可能な技術と実施コストを考慮して、技術的対策を含む妥当な措置を取って、データ・サブジェクトが消去を要求した個人データを処理するコントローラーが、処理が必要でない限り、これらの個人データへのリンクまたはコピーまたは複製のコントローラーによる制御を行います。 ASTROCOHORSのデータ保護担当者または他の従業員は、個々のケースで必要な措置を講じます。
e)処理の制限の権利
各データ主体は、次のいずれかに該当する場合に、処理の制限をコントローラから取得するために、欧州議会が認める権利を有するものとする。•個人データの正確性は、コントローラが個人データの正確性を検証できる期間、データ主体と競合します。•処理は違法であり、データ主体は個人データの消去に反対し、代わりに使用の制限を要求する。•コントローラは処理の目的で個人データを必要としませんが、データ主体が法的請求の確立、行使、防御のために必要とします。•データ主体は、GDPR第21条(1)に従って処理を拒否しているが、コントローラの合法的根拠がデータ主体の正当な理由を覆すかどうかの検証が行われている。
前述の条件の1つが満たされ、データ主体がASTROCOHORSによって保管された個人データの処理の制限を要求したい場合、そのデータ保護担当者またはコントローラの他の従業員にいつでも連絡することができます。 ASTROCOHORSのデータ保護担当者または他の従業員は、処理の制限を手配します。
•f)データの移植性
各データ主体は、欧州連合議員が、構造化された一般的に使用され機械で判読可能な形式で、コントローラーに提供された個人に関する個人情報を受け取る権利を有するものとします。第6条(1)のポイント(a)に基づく同意に基づく処理であれば、個人データが提供された管理者の支障をきたすことなく、そのデータを別のコントローラに送信する権利を有するものとする。 GDPR第9条第2項のGDPR又はポイント(a)又はGDPR第6条(1)のポイント(b)に基づく契約に基づくものであり、公共の利益のために行われたタスクの実行やコントローラに与えられた公式権限の行使のための処理は必要ではない。
さらに、GDPR第20条(1)に従ってデータ可搬性の権利を行使する場合、データ主体は、あるコントローラから別のコントローラに直接送信される個人データを、技術的に実現可能であり、他人の権利と自由に悪影響を及ぼします。
データ可搬性の権利を主張するために、データ主体はいつでもアストロホーマまたは他の従業員によって指定されたデータ保護担当者に連絡することができます。
•g)反対する権利
各データ主体は、(e)または(f)に基づいて、彼または彼女の個人的なデータの処理に、いつでも、自分の特定の状況に関連して、欧州議会が認める権利を有する(GDPR第6条第1項)これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。
アストロコーダーは、データ主題の利益、権利および自由を無効にする処理のために、または法的請求の設立、行使、または防御のための妥当な正当な理由を立証することができない限り、異議申し立ての際に個人情報を処理しなくなります。
ASTROCOHORSがダイレクトマーケティング目的で個人データを処理する場合、データ主体は、そのようなマーケティングに関する個人データの処理にいつでも異議を申し立てる権利を有します。これは、そのようなダイレクトマーケティングに関連する限り、プロファイリングに適用されます。データ対象がアトリビュートにアトリビュータに直接マーケティングの目的で処理された場合、ASTROCOHORSはこれらの目的で個人データを処理しなくなります。
さらに、データ主体は、自分の特定の状況に関連して、科学的または歴史的研究目的のためのアトローターによる個人データの処理に反対する権利、または第89条に基づく統計的目的のための権利を有する1)、公的利益のために行われたタスクの実行に処理が必要でない限り、
異議を申し立てる権利を行使するために、データ主体はASTROCOHORSのデータ保護責任者または他の従業員に直接連絡することができます。さらに、データ主題は、情報社会サービスの使用の文脈において、指令2002/58 / ECにかかわらず、技術仕様書を使用した自動化手段による対抗権を使用することは自由である。
•h)プロファイリングを含む、個別の意思決定の自動化
各データ主体は、欧州議会が自動的に処理(プロファイリングを含む)に基づく決定を受けることができないようにする権利を有するものとし、これに関連して法的効力を生じさせるか、 (1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要でないか、または(2)コントローラが対象とする連合または加盟国の法律によって許可されておらず、データ主体の権利と自由と正当な利益を守るための適切な措置の撤廃、(3)データ主体の明示的同意に基づくものではない。
(1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行のために必要である場合、または(2)データ主体の明示的同意に基づいている場合は、保護主義者は、データ主体の権利と自由と正当な利益、少なくともコントローラー側の人間の介入を得る権利、自分の視点を表現し、決定に異議を唱える権利。
データの主体が自動化された個人の意思決定に関する権利を行使することを希望する場合は、いつでも、ASTROCOHORSのデータ保護担当者またはコントローラの他の従業員に直接連絡することができます。
•i)データ保護の同意を取り消す権利
各データ主体は、いつでも自分の個人データの処理に同意することを撤回する権利を、欧州議会が認める権利を有するものとします。
データ主体が同意を取り消す権利を行使することを望む場合は、いつでも、ASTROCOHORSのデータ保護責任者またはコントローラの他の従業員に直接連絡することができます。
11.処理の法的根拠
アート。 6(1)が点灯する。 GDPRは、特定の処理目的のための同意を得るための処理操作の法的根拠となります。データの対象者が当事者となる契約の履行のために個人データの処理が必要な場合、例えば商品の供給やその他のサービスを提供するために処理が必要な場合など、処理は第6条(1)に基づく。 b GDPR。弊社の製品やサービスに関するお問い合わせの場合など、契約前の措置を講じるために必要な処理作業についても同様です。当社は、納税義務の履行のための個人データの処理が必要とされる法的義務を課されているかどうかは、Art。 6(1)が点灯する。 c GDPR。まれに、個人データの処理が、データ主体または他の自然人の重要な利益を保護するために必要な場合があります。たとえば、訪問者が当社で負傷し、その氏名、年齢、健康保険データまたはその他の重要な情報を医者、病院または他の第三者に渡す必要がある場合などです。その後、処理はアートに基づいて行われます。 6(1)が点灯する。 d GDPR。最後に、処理作業は第6条(1)に基づいて行うことができます。 f GDPR。この法的基盤は、当社または第三者が追求する正当な利益の目的のために処理が必要な場合には、上記の法的根拠のいずれかに該当しない処理業務に使用されますが、利益が優先権または個人データの保護を必要とするデータ主体の基本的な権利と自由を意味するものとします。このような処理作業は、特に欧州議会によって言及されているため、許可されています。彼は、データ主体がコントローラのクライアントであるならば、正当な利益を引き継ぐことができると考えた(Recital 47 Sentence 2 GDPR)。
12.コントローラまたは第三者が追求した正当な利益
個人データの処理は、第6条(1)に基づいて行われます。 f GDPR当社の正当な関心は、すべての従業員と株主の幸福に有利な形で事業を行うことです。
13.個人データが保管される期間
個人データの保存期間を決定するために使用される基準は、それぞれの法定保存期間です。その期間の満了後、契約の履行または契約の開始のためにもはや必要でない限り、対応するデータは日常的に削除されます。
14.法的または契約上の要件としての個人データの提供。契約を締結するために必要な要件。個人データを提供するためのデータ主体の義務。そのようなデータを提供できなかった可能性のある結果
私たちは、個人データの提供が法律(税制など)によって部分的に要求されていることや、契約上の規定(契約パートナーに関する情報など)から生じることもあることを明確にしています。場合によっては、データ主体が私たちに個人データを提供する契約を締結する必要があるかもしれません。その後、私たちによって処理されなければなりません。データ主題は、例えば、当社が契約書に署名したときに個人情報を提供することを義務付けられています。個人データの非提供は、データ主体との契約が締結できないという結果をもたらす。個人データがデータ主体によって提供される前に、データ主体はデータ保護担当者に連絡する必要があります。当社のデータ保護責任者は、個人データの提供が法律または契約により要求されているか、契約の締結のために必要かどうかをデータ対象に明確にして、個人データを提供する義務と、個人データ。
15.自動化された意思決定の存在
責任ある企業として、私たちは自動意思決定またはプロファイリングを使用しません。
このプライバシーポリシーは、WILDE BEUGER SOLMECKEと協力して開発されたDGD Deutsche Gesellschaft für Datenschutz GmbHの外部データ保護責任者のプライバシーポリシージェネレータによって生成されました。弁護士および使用済みのハードウェアディーラーRC GmbH

コメント

このブログの人気の投稿

アンガールズが【グダグダ】動物でジャンガジャンガをやってみた『急上昇↑ZOOチューバー』

ひょっこりはんが澤部に紹介!アニマルひょっこりはん大集合『急上昇↑ZOOチューバー』

【恐竜CG】ティラノサウルスは毛むくじゃら!?最新研究で分かった恐竜たちの姿【NHK恐竜超世界2019】Japanese dinosaurs CG