5分で「いだてん」第32回【独裁者】


エピソードタイトル: 5分で「いだてん」第32回【独裁者】
によって生産: NHK
説明: 「いだてん」1940年、幻の東京オリンピックー。 最新のあらすじはコチラ→https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/?cid=dchk-yt-1908-69-st 1940年、幻の東京オリンピックへ。 銀メダルを獲得し帰国した前畑(上白石萌歌)を待っていたのは東京市長・永田秀次郎(イッセー尾形)らによる落胆の声だった。田畑(阿部サダヲ)は選手をかばって激怒するが、国民の大きすぎる期待に前畑は苦悩する。満州事変を非難する国際世論に反発した日本は国連を脱退し孤立し始めるが、治五郎(役所広司)らは粘り強く五輪招致を目指す。熊本の金栗(中村勘九郎)のもとにはマラソンで九州一周を目指すという青年が現れる。 【放送情報】 NHK 総合(日)夜8:00~/[再放送](土)午後1:05~ NHK BSプレミアム(日)午後6:00~ NHK BS4K(日)午前9:00~ 「大河ドラマ『いだてん』~東京オリムピック噺(ばなし)~」 https://www.nhk.or.jp/idaten/r/?cid=dchk-yt-1908-69-hpa 「『いだてん』公式ツイッター」 https://twitter.com/nhk_td_idaten?cid=dchk-yt-1908-69-hpb 「『いだてん』公式インスタグラム」 https://www.instagram.com/nhk_idaten/?cid=dchk-yt-1908-69-hpc “日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三と“日本にオリンピックを招致した男”田畑政治。 この2人がいなければ日本のオリンピックはなかった。 日本が初めて参加し、大惨敗を喫した「ストックホルム」。 幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、そして…平和への祈り。 1964年の東京オリンピックが実現するまでの 日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を、豪華キャストで描きます! 作:宮藤官九郎  音楽:大友良英 題字:横尾忠則  噺(はなし):ビートたけし 主演:阿部サダヲ 中村勘九郎 ほか


YouTubeでビデオを見るにはここをクリックしてください。

コメント

このブログの人気の投稿

アンガールズが【グダグダ】動物でジャンガジャンガをやってみた『急上昇↑ZOOチューバー』

ひょっこりはんが澤部に紹介!アニマルひょっこりはん大集合『急上昇↑ZOOチューバー』

【やだな~ いいな~】アニメ『おじゃる丸』第22シリーズエンディングテーマ