[麒麟がくる] 第33回 まとめ | 比叡山に棲(す)む魔物 | 5分ダイジェスト | NHK


エピソードタイトル: [麒麟がくる] 第33回 まとめ | 比叡山に棲(す)む魔物 | 5分ダイジェスト | NHK
によって生産: NHK
説明: 「麒麟(きりん)がくる」の最新情報は公式ホームページで! 『トリセツ』…ドラマをより楽しんでもらえるコンテンツを毎週更新!>>https://www.nhk.or.jp/kirin/story/33.html?cid=dchk-yt-2011-67-st 四方を敵に囲まれ窮地に立たされる信長(染谷将太)。光秀(長谷川博己)は朝倉に和議を申し込むべく、比叡山に陣を構える義景(ユースケ・サンタマリア)のもとへ潜入する。義景が頼る延暦寺の天台座主・覚恕(春風亭小朝)と面会するが、覚恕は自分から領地や金を奪った信長を許さないという。そんな折、尾張で信長の弟・信興が一向宗に討たれ、事態は切迫。信長は京を捨て尾張に戻ろうとするが、光秀は今までの苦労が水の泡になると再び説得する。すると信長は将軍(滝藤賢一)ではなく、帝(坂東玉三郎)を通じて周囲と和議を結ぶことを思いつく。 次回の放送は11月29日 第34回「焼討ちの代償」 【出演者】 長谷川博己、染谷将太、門脇麦、木村文乃、吉田鋼太郎、滝藤賢一、春風亭小朝、駿河太朗、佐々木蔵之介、坂東玉三郎 【放送情報】 NHK 総合(日)夜 8:00~/[再放送](土)午後 1:05~ NHK BSプレミアム(日)午後 6:00~ NHK BS4K(日)午前 9:00~、夜 8:00~/[再放送](日)午前 8:00~ 大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」 公式ホームページ https://www.nhk.or.jp/kirin/?cid=dchk-yt-2011-67-hpa 公式Twitter https://twitter.com/nhk_kirin 王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。 応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか…… そして、麒麟はいつ、来るのか? 若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。 「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。 従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。 明智光秀とはいったい何者なのか? 麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……


YouTubeでビデオを見るにはここをクリックしてください。

コメント

このブログの人気の投稿

[逆転人生(山里亮太MC)]テーマ曲『仄光 ~HIKARI~』PV|NHK

『ゾゾゾゾーキ』ミュージックビデオ【バビブべボディ×NHK1.5ch】

【やだな~ いいな~】アニメ『おじゃる丸』第22シリーズエンディングテーマ